読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光る☆

漫画ゲームアニメ映画音楽など。ネタバレ注意。

原作者、秋山瑞人も寄稿。コミカライズ『イリヤの空、UFOの夏』

 

イリヤの空、UFOの夏 1 (電撃コミックス)

イリヤの空、UFOの夏 1 (電撃コミックス)

 

 

 秋山瑞人の代表作と言えば、『イリヤの空、UFOの夏』だ。他の電撃作品と同じように、イリヤもコミカライズされている。

 作画はカンノ氏。女の子が可愛い。とにかくこれに尽きる。特に浅羽妹が無駄に可愛い。作品の雰囲気も上手く描いている。話に関しても、全二巻という限られた中でまあまあうまくまとめている。

 しかし、これが一番の大問題なのだが、水前寺と榎本。原作とは全くの別人。性格に関しては解釈の違いもあるだろう、ということで大目に見る。しかしビジュアルに関しては少し言わせてもらいたい。榎本など渋さの欠片もなく、水前寺に関しては完全に別人状態である。原作の明確なビジュアルがあるにも関わらず、何故改変したのか……。

 いくつか不満はあるものの、思っていたより楽しめた。がしかし、作画さんには申し訳ないが、真の目的は別にあった。秋山氏の寄稿分だ。乾きすぎて死にそうになっていたとき、イリヤのコミカライズに秋山氏が寄稿しているとの情報をゲットして、速攻ポチったのだ。実は。ちなみにそれぞれの巻で一ページずつ。合わせて二ページも秋山氏の文章が読める。乾ききっていた砂漠で死にかけていた瑞っ子を生き長らえさせてくれるには、充分な量だ。しかし現在はすでにカラカラ状態であり、ちょっとの風で吹っ飛ぶ有様であるため、秋山氏には一刻も早くドラバスの続きを書いていただきたい。

 この記事を書くにあたって久々に読み返したが、少しうるっときてしまった。今回気づいたが、コミカライズは原作を圧縮しているため、より秋山成分を濃く感じる。原作ファンとしては、物足りないという不満もあるだろうが、切り捨てられた部分を読んでみたい、と思う新規ファンもいるだろう。原作への入り口、という意味ではコミカライズもありだ。

 自分は秋山氏の寄稿分目当てに買ったが、コミカライズとしては良質だ。ファンのひとは一度読んでみてもいいかもしれない。

 

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村