読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光る☆

漫画ゲームアニメ映画音楽など。ネタバレ注意。

チャンチャンバラバラが熱い! 古橋秀之の『IX(ノウェム) 』

 

IX(ノウェム) (電撃文庫)

IX(ノウェム) (電撃文庫)

 

 

 鬼才の描く超絶武術ファンタジー。というのがあおり。電撃っぽくはないが、それがいい。とても面白かった。

 まずキャラクターが生き生きしていて好感がもてる。敵の罪炎も、ただの残虐な奴かと思いきやどうやら事情があるらしい。それだけでこちらは感情移入してしまう。そういう細やかな仕掛けがこの作者は上手い。

 アクションシーンの描写もわかりやすく、魅力的なキャラクターたちが暴れまくる。それがまたいちいち燃える。読者が求める展開を気持ちよく描いてくれたかと思いきや、予想外の展開をぶち込んできたり。久しぶりにドキドキしながら読んでしまった。

 ちなみに露骨な萌え要素はないが、表紙の少女、燕児はめちゃくちゃ可愛い。自分は美少女ものの作品も好むが、キャラクターに恋することは滅多にない。そのあたりの感覚は普通だったりする。が、燕児の可愛さにはちょっとやられた。

 唯一残念なのが、続刊の発売が望み薄というところ。自分の好きな作品はなぜこうも続きが出ないのだ。一応区切りがいいところで終わっているとはいえ、続きがめちゃくちゃ気になる。

 とにかくこの作品のおかげで、すっかり古橋作品のファンになってしまったようだ。他の作品もさっそく読んでみようと思う。しばらくは古橋作品の感想が続くかもしれない。

 

にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ

にほんブログ村