読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光る☆

漫画ゲームアニメ映画音楽など。ネタバレ注意。

お茶の間スペースオペラ『タツモリ家の食卓』

 

タツモリ家の食卓―超生命襲来!! (電撃文庫)

タツモリ家の食卓―超生命襲来!! (電撃文庫)

 

 

 この表紙を最初に見たとき、懐かしさを感じた。古くさいと感じるひともいるだろうが、個人的には古き良きラノベという感じでとても好きだ。というか実際古い作品だ。
 しかし面白い作品は時代を選ばない。内容に関しては心配無用。抜群に面白い。
 主人公、忠介の前に現れたのは宇宙からの訪問者。しかし美少女ではない。一癖も二癖もあるやつらだ。が、なんだか可愛い。憎めない。『IX』のときも思ったが、キャラクターの自然な可愛さを描くのが古橋氏はうまい。本当の萌えは、自然な可愛さの中にある。
 そして誰もが子供のときに夢見たような、わくわくする展開。王道をおさえつつ、先が読めない。そのさじ加減が絶妙だ。
 読み終わったあと、すぐに二巻をポチった。面白い作品というのは感想を書きにくいためブログ向きではないのだが。このあたり不思議なもので、良い作品の感想は似たり寄ったりになりやすい。しかし一応このブログではどんなにアレな作品でも、良いところを見つけるようにしている。救いようのない作品から良いところを見つけるというのは、本を読むトレーニングになる。
 とりあえず、古橋作品にハズレなしのようだ。まだまだ未読の作品が残っていると思うとうきうきである。
 ちなみにあとがきには秋山瑞人氏の名前もちょこっとあるぞ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村