読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光る☆

漫画ゲームアニメ映画音楽など。ネタバレ注意。

男性キャラも格好いいぞ『終わりのセラフ1 一瀬グレン、16歳の破滅』

 

 

 『紅』で山本ヤマトにハマったので読んでみた。アニメ化もしていたため、作品のタイトルはなんとなく知っていたが、漫画と小説は別物、というのは後で知る。
 正直、物語や世界観にあまり深みは無い。しかしこの作品は、多方面へ展開すること前提で企画されているようだ。誰もが入りやすいという点では正しいか。
 そういう意味では、キャラクターの魅力で成り立つ作品と言ってもいいだろう。キャラクターが多く、ビジュアルもキャッチー。
 と、そういう事情が見えつつも、面白い作品だった。
 個人的に主従関係が好きということもあり、グレンと時雨、小百合の関係が好みど真ん中。主を侮辱され、思わずクナイを放ってしまう時雨。普段はほんわか系だが、自分の命は主のもの、と言い切る小百合もいい。
 また、前半の流れから予想できたとはいえ、後半の深夜とグレンの共闘には燃え。女性ファン的には萌えか。ハーレムもいいが、格好いい男性キャラが活躍する作品というのはやはりいい。女性キャラの可愛さも際立つ気がする。
 しかしこの巻は本当に導入という感じ。時間があれば続きも読んでみたい。

にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村