読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光る☆

漫画ゲームアニメ映画音楽など。ネタバレ注意。

えぐり魔事件の真相とは『電波的な彼女 ~愚か者の選択~』

 

 

 一気に読んでしまうのが勿体無いと残していた二巻。
 前巻でも登場していた、子供の眼球をえぐる「えぐり魔」を巡る話。
 より社会の闇に寄り添った内容になっている。そのため、倒すべき明確な敵というのが存在しない。実行犯はいるが。そんな強大な闇に対する、ジュウの無力さが痛々しい。ただ一人の少女を助けられたのが、唯一の救いか。
 読後感は決してスッキリ、とは言えない。主人公が大活躍!とは真逆の作品でもあるため、注意が必要である。
 しかしこれが片山憲太郎だ。
 明確な答えは無く、読み終わった後は何か考えさせられる。答えは自分で出すのだ。
 『紅』ファンとしては、嬉しい名前も登場する。斬島好きとしてはテンションが上がった。戦う姿ももっと見てみたかったが、その辺は次巻に期待。
 既に三巻は手元にあるため、じっくり読んでいきたい。

にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村