読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光る☆

漫画ゲームアニメ映画音楽など。ネタバレ注意。

最近のKeyに関して思うこと

 最近思い出したのだが、そもそもこのブログはKey作品や麻枝さんへの想いを語るために始めたのだ!
 もちろん熱が冷めたわけでは無い。
 しかし、「元鍵っ子」になりかけていることも事実である。
 一応プレイ済みの作品を挙げてみよう。
 Key以前では、『ONE 〜輝く季節へ〜』。
 『Kanon』『AIR』『CLANNAD』の御三家。アニメも全て視聴済み。
 そして、『智代アフター 〜It's a Wonderful Life〜』『リトルバスターズ』。
 アニメは『Angel Beats!』『Charlotte』を視聴済みである。
 麻枝さんの関わっているCDも、入手できる範囲で揃えているはずだ。
 度々書いているが、自分は鍵っ子というか、麻枝信者である。AB!放送前は、ありえないテンションの高さで過ごしていたくらいだ。初めてラジオというものにメールも送った! そしていざ放送開始ッ!!
 かなりがっくりしたのを覚えている。CDは全部揃えたが……! 印象に残っているのはOPだけ! 所々「麻枝さんぽいいい感じのシーン」はあったものの、コレジャネー感が凄かった。
 昔のKeyはどこいった!?と当時は暴れたものだ。
 まさにめんどくせー懐古厨である。
 正直リトバスのあたりから若干のズレは感じていたが、AB!によってそれは決定的なものになった。
 しかし麻枝さんの新作!と聞けばやはり気になる。
 今度こそは……!と期待した『Charlotte』。うむ。OPはなかなかいい。しかし、麻枝さんの弱点である「伏線の下手さ」が如実に出てしまっていた気がする。後半の展開には全くついていけなかった。
 商業的にもAB!よりアレだったらしいが、個人的にはこちらの方がまだ観られた。やはりコレジャネー感はあったものの、単語帳の件はよかった。こういう小物を使った演出は麻枝さんぽいなと。
 が、麻枝さんの言う通り、キャッチーさを意識した結果の、AB!やCharlotte路線は間違っていない。Twitterを見ていても、最近のKeyファンはAB!やCharlotteから入った若い人が多いように感じる。寂しい気もするが、時代に合わせて変わっていくのは仕方が無い。というかこんな感じのことを以前も書いた気がする。
 しかし、御三家時代の雰囲気は今の時代にも通用する、と思ってしまうのはファンの欲目だろうか。
 ファンとしては、今は麻枝さんの新作アルバムを待つしか無い。
 麻枝さんとしても色々葛藤があるとは思うが、頑張って欲しい。

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村